ご飯

成人に増える糖尿病を食事で改善する方法|栄養のバランスをみる

試食してみる

食事

病気療養食を提供している業者はいくつかありますが、健康宅配もその一つです。一度試食コースを頼んでみて、満足できるのであれば本格的に注文してみるのもいいでしょう。

もっと読む

食生活の欧米化が原因

ご飯

1960年代に入ってから、増加してきた病気のことを痛風と言います。痛風の名前の由来は、風に吹かれただけでも痛みを感じる病気、という意味があります。日本で痛風が増加した原因は、食生活の欧米化です。1960年代から、野菜や魚中心だった和食から、肉中心の食生活が中心になったため、動物性タンパク質、動物性脂質を摂取し過ぎたことが、痛風の原因となっています。痛風の症状は、足の親指が突然痛くなり、動かすこともできないなどの発作があります。放置していると、3日ほど痛みが続くのですが、10日ほど経つと、今までの痛みが嘘のように回復していきます。しかし、回復したからといって、放置しておくと、その発作は半年〜1年ほど繰り返されていき、徐々に痛みの範囲は広がっていき、発作の期間も短くなっていき、最終的には腎臓の働きが悪くなって尿毒素が起こってしまうのです。

痛風を予防、改善していく上で重要なのは食事です。食事が原因で、痛風になってしまうので、日頃口にする食べ物には気をつける必要があります。また、生活習慣病として名高い糖尿病も栄養満点の食事を意識することが大切です。毎日満腹になるまで食べている、という人は肥満を招いてしまうので注意が必要です。普段の食事が、糖尿病になるかならないかを左右させると言っても過言ではありません。ただ、いきなりダイエットしてしまうと、リバウンドしたり、偏った栄養バランスになったりするので、徐々に減量していくことが大切です。食事の内容だけではなく、食べるスピードが早かったり、夜遅くにご飯を食べたり、など食べ方によっても太りやすくなります。肥満は痛風を引き起こしてしまいますから、そのような食べ方にも気をつける必要があります。

タンパク質をとる

食事

高血圧を改善するために良い食物はタンパク質を多く含んでいるものだといえます。鳥や牛といった肉にはタンパク質が多いので、普段の生活の中にも積極的に取り入れるといいです。

もっと読む

プリン体を抑制

和食

痛風になってしまうと足先や関節に痛みが走るので、日常生活にも支障をきたします。改善のためには食事でアルカリ度が高いものやビタミンCが多く含まれるものをしっかり摂っていくことが大事になってきます。

もっと読む