プリン体を抑制|成人に増える糖尿病を食事で改善する方法|栄養のバランスをみる
料理

成人に増える糖尿病を食事で改善する方法|栄養のバランスをみる

プリン体を抑制

和食

病院で痛風だと診断された人は、その改善のために食事には気をつける必要があります。そもそも食事や生活習慣の乱れから痛風という症状が起こっているので、これを見直すのは当然だといえるのです。必須なのがプリン体の摂取を控えた食事をすることです。プリン体はほぼ全ての食事に含まれているため、なかなか排除することは難しいでしょう。控えることが難しいと感じた場合は食事療法のメニューを提供している業者もあるので、そういった場所で食事を注文するのもいいです。ほぼすべての食事に痛風を悪化させるプリン体が含まれるなら、どうすればいいのかというと、一日の摂取量を400mgに抑えるのが理想だとされています。アルコールだとビール以外でもプリン体が多く含むので、治療中は控えた方がいいです。ビールを飲む際には中瓶一本に抑えることが求められています。もちろん、これは他にプリン体を避けた食事をした上で認められる酒量です。

痛風がなかなか自分で改善できないという人は、健康宅配業者を利用するか、サプリメントを取り入れるといいといわれています。薬よりも食事で健康に良い成分を取り入れられるのが安心ですし、継続のためにも良いといえます。食事だとアルカリ度が高い食品、例えば報連相や大豆、バナナが良いと言われています。そして、ビタミンCも積極的に摂りましょう。サプリメントだとビタミンCを濃縮して取り込むことができるので、とても手軽に利用できます。このように、痛風治療は食事とサプリメント、医師の診断など複合的に利用して改善していくべきです。